• 中国“湿地危机”:湿地保护迫在眉睫

              江苏省滨海湿地区内潮间带淤泥质海滩(滩涂)为亚洲最大规模的同类型湿地,为勺嘴鹬、黑嘴鸥、小青脚鹬等濒危候鸟提供重要栖息地和迁徙通道,是其在东亚-澳大利西亚迁飞路线(EAAF)上重要的“加油站”。然而随着沿海开发建设速度加快,一些传统威胁因子对滨海湿地的负面影响逐步加大,同时又新增了一些威胁因素。正如《江苏省湿地保护规划(2015-2030年)》中提到的“(本省)滩涂围垦力度持续加大。本区(滨海湿地)滩涂围垦历史悠久,有效增加了可利用土地资源,促进了沿海经济发展,同时也导致滨海湿地面积急剧减少,重要野生动物栖息地不断缩减,湿地生物多样性受到威胁”。            正值一年一度世界湿地日,中华社会救助基金会下设的专项基金“让候鸟飞公益基金”发布了题为《抢救江苏东台条子泥》的关于东台滩涂保护纪录片;与此同时,澎湃新闻发文《中国“湿地危机”:大规模围填仍在进行,8亿亩红线或被突破》,强调江苏省滨海湿地正在面临着来自“百万滩涂”围垦项目的巨大威胁,其中就包括被联合国教科文组织认定为“太平洋西岸唯一未被污染的滨海湿地”的东台市沿海滩涂湿地,而东台条子泥围垦项目计划面积多达40多万亩,一期已围填10.12万亩,二期计划围垦12.67万亩,正在报备国家海洋局审批。EAAFP轮值主席、中国国家林业局野生动物保护司总工程师严旬,EAAFP首席执行官Spike Millington先生,EAAFP黄海生态区特别工作组中国代表张正旺教授,EAAFP中华秋沙鸭特别工作组主席雷光春教授分别就沿海滩涂围垦在采访中发表了自己的观点。点击查看澎湃新闻原文  


    Continue reading
  • 「春が来た!」マラソンバードたちの旅

    by 安村茂樹, WWF Japan WWF Japan 自然保護室の安村です。 春が来ました! といっても、日本の話ではありません。 こちらとは季節が逆の南半球、ニュージーランドの話です。 先日、ニュージーランドのメディアで、そんな南半球の季節感じさせる記事が紹介されていました。 渡り鳥であるオオソリハシシギは、毎年この時期、一週間以上かけて、冬の厳しいアラスカから1万キロ以上の距離を飛び、この地にやってきます。 通称「マラソンバード」とも呼ばれるこの鳥たちは、地元では春の到来を告げてくれる「使者」だそう。 暖かいこの場所で、オオソリハシシギは食べに食べて栄養を蓄え、次の旅までに体重を2倍にします。 そして来年3月、中国や韓国の黄海沿岸、また日本の干潟へと飛んで来て数週間を過ごし、また繁殖地のアラスカへと旅立ってゆくのです。 毎年繰り返される渡り鳥のこうした営みは、ついつい見過ごされがちですが、遠く離れた外国から季節を運んでくる使者を迎え、楽しむことは、とても贅沢なことではないでしょうか。 そんな鳥たちは今、さまざまな環境問題によって脅かされています。特に深刻なのが、干潟など沿岸の湿地の開発。


    Continue reading
  • Seminar on sustainable seafood market dynamics in China and Yellow Sea conservation held

    Shigeki Yasumura, WWF Japan On 28 May 2015, WWF Japan…


    Continue reading
  • Planning Invisible Landscapes: Making Invisible Tidal Flat Landscapes Visible for Future Sustainability

    ???????? Dr. Hiromi Yamashita of the Ritsumeikan Asia Pacific University (APU) visited EAAFP Secretariat in the first week of March 2015 and gave an open lecture titled ‘Planning…


    Continue reading
  • Reclamation in the Yellow Sea is the main cause of the decline of the Spoon-billed Sandpiper (really)

    Dr Nial Moores, Birds Korea, March 12th 2015 The Task Force News Bulletin 13 (February 2015), posted on the increasingly excellent EAAFP website, confirms that for…


    Continue reading
  • Migratory birds’ fuelling station empty

    Read in ohter languages: Millions of Australia’s migratory shorebirds are being pushed closer to…


    Continue reading